本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 慢性膵炎

慢性膵炎とは

すい臓の細胞が破壊されて機能低下する病気


 慢性膵炎は急性膵炎が慢性化したもののように思えますが、基本的に急性膵炎と慢性膵炎はメカニズムの違う異なる病気です。急性膵炎は自己の膵液によって膵臓自体が消化されてしまう病気ですが、慢性膵炎は慢性の炎症によってすい臓の細胞が破壊され、細胞が繊維化して機能が低下していく病気です。

 そのため、急性膵炎のほとんどの場合で障害なく治癒するのに対し、慢性膵炎は細胞が繊維化して機能が低下したまま回復することはありません。急性膵炎と違って、一方通行の病気といえます。

 慢性膵炎の患者数は年々増加傾向にあり、2002年に厚生労働省が行った調査では、慢性膵炎の患者数は全国で4万4700人と推定されています。この患者数は10年前に行った調査結果と比べると倍増しており、食生活の変化などによって確実に慢性膵炎の患者数が増加していることが伺えます。



急性膵炎を繰り返すと慢性膵炎になりやすい


 急性膵炎と慢性膵炎は異なる病気ですが、密接なつながりがあるのも事実です。軽度や中等度の急性膵炎は障害を残すことなく治癒しますが、重症急性膵炎の場合は症状が治まってもすい臓に大きな障害が残ってしまい、そのまま慢性膵炎に移行するケースが多々みられます。

 また、急性膵炎を繰り返し発症している場合も、すい臓の細胞が次第にダメージを受けて慢性膵炎になりやすいと考えられています。

 慢性膵炎は長い時間をかけて徐々に進行するため、現れる症状も病気の進行に伴って変化します。始めのうちは強い腹痛や背部痛が現れますが、次第に痛みが軽減され、最終的には痛みを感じなくなります。一見自然治癒したかのように思えますが、実際は痛みを感じることができないほどすい臓が破壊されていることを意味します。




関連記事
慢性膵炎の原因とは
慢性膵炎の症状とは
急性膵炎とは
急性膵炎の原因とは
急性膵炎の症状とは
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の病気が増えている
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんの生存率と予後(余命)


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?