本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 膵臓癌の検査

膵臓癌の検査はどうやって行う?
知るべき6つのポイントとは

 膵臓癌は初期症状が乏しく、発見時には手術できない進行癌の状態であることが少なくありません。膵臓癌を少しでも早期に発見できるよう、膵臓癌の検査方法について知っておきましょう。

目次


膵臓癌の検査の進め方とは


 すい臓がんの検査は現在抱えている病気や病歴、症状などを考慮し、まず第一段階として血液検査による生化学検査や腫瘍マーカー検査、腹部超音波検査(エコー検査)などを行います。

 これら3つの検査は患者に負担を与えることなく、簡単に行える検査です。血液検査では血液中の酵素濃度を測定することによって、すい臓の機能が正常かを調べるほか、腫瘍マーカーと呼ばれる癌が発生すると上昇しやすい物質の濃度を測定し、癌の有無を確認します。

 超音波検査は体の外から超音波を当て、その反響を画像化して膵臓の状態を調べる検査です。画像が不鮮明であるため微小な癌を発見することは困難ですが、主膵管の拡張や嚢胞の有無など、膵臓癌が疑われる所見を確認することができます。

 これらの結果を踏まえ、膵臓に異常があると疑われた場合は、精密検査としてCTやMRI、EUSなどのより高度な検査を行います。

膵臓癌の検査@ 血液検査(生化学検査)


 すい臓がんが疑われる時は、まず始めに血液検査を行います。血液中のビリルビン量を測定して黄疸の有無を調べるとともに、膵臓から分泌される酵素のアミラーゼ、リパーゼ、トリプシン、エラスターゼ1などが正常値かどうかを調べます。

 膵臓は炭水化物や脂肪、たんぱく質を分解するために、様々な酵素を分泌しています。膵臓にできた癌腫瘍によって膵管が圧迫されると、酵素を含む膵液の流れが悪くなるために血液中の膵酵素の濃度が高くなります。血液検査でこの酵素の濃度を測定することによって、膵臓の異常の有無を確認することができます。

 膵酵素の異常はすい臓の疾患全体で見られるため、これだけですい臓がんを断定する事はできませんが、手がかりの1つとなります。

 また、癌腫瘍によって胆管が圧迫され狭窄した場合には、ビリルビンや胆道系酵素であるALP、LAP、γGTPの上昇のほか、肝機能障害によってAST、ALTの上昇が見られます。



膵臓癌の検査A 腫瘍マーカー検査


 腫瘍マーカーとは、癌細胞が作り出す特定のタンパク質や酵素、ホルモンなどのことで、健康な時には血液中にほとんど存在しませんが、癌になると異常な値を示すようになります。そのため、これらの物質は「癌の目印」という意味で腫瘍マーカーと呼ばれています。

 腫瘍マーカーは特定の臓器がんで高い確率で現れるものもありますが、その多くは複数の臓器でつくられています。また、がん以外の病気でも上昇することもあるため(偽陽性)、腫瘍マーカーが高いからといって癌の断定は行えません。また、早期の癌では腫瘍マーカーの上昇を認められないことが多く、膵臓癌の早期診断には用いる事ができません、

 しかしながら、癌の有無や進行状況を知る上で1つの手がかりになるほか、血液を採取するだけで調べられるため、腫瘍マーカー検査は患者負担が少ない検査の1つです。すい臓がんの診断で用いられる腫瘍マーカーには、CA19-9、CEA、Dupan-2、Span-1などがあります。

腫瘍マーカー 基準値
CA19-9 37.0U/mL以下
CEA 5.0ng/mL以下
Dupan-2 150U/mL以下
Span-1 30U/mL以下


 腫瘍マーカーが異常値を示す割合(陽性率)は、CA19-9で70〜80%、CEAで30〜60%、Dupan-2で50〜60%、Span-1で70〜80%とされています。

 進行癌でない場合(腫瘍が小さい場合)は陽性率が低くなることから、膵臓癌の早期診断に腫瘍マーカーを用いる事は難しいのですが、手術後の再発確認や、抗がん剤治療の効果を確認するためには有用な検査と言えます。

膵臓癌の原因は一体なに?原因を知ってリスクを回避!

膵臓癌の検査B 超音波(エコー)検査


 超音波検査は超音波を体に当て、その反響を画像化する検査法です。健康診断などでも行われている検査で、超音波検査よりもエコー検査という呼び名の方が馴染みがあるかもしれません。

 体の外から調べることができるので、体に負担のかからない検査法の1つです。腹痛や背部痛、黄疸など、具体的な症状が現れている場合には、超音波検査を行います。

 これらの症状は消化器のさまざまな病気で起こるため、ここでは病気を断定せず、消化器全体を調べます。

 すい臓に癌腫瘍がある場合は、黒っぽい腫瘤像として画面に映し出されます。すい臓の中を通る主膵管が拡張していたり、小のう胞(液体の入った袋状のもの)が見えたり、すい臓周囲が不整に見えたりした場合には癌の可能性が高いと診断されます。

 ただし、超音波検査から得られる画像は鮮明ではなく、腹部にガスがたまっていたり、皮下脂肪が多かったりすると、見えにくかったりする欠点があります。そのため、早期の小さな癌を超音波検査で発見することは難しいと言えます。

膵臓癌のステージ別生存率は?余命はどれくらい?



膵臓癌の検査C 画像検査(CT・MRI・ERCP・EUSなど)


 超音波検査や腫瘍マーカーですい臓がんが疑われる場合には、CT検査でさらに詳しく調べます。CT検査とは体にX線を当てて体の断層写真(輪切り状のもの)を撮影するものです。体の外からではわからない体の内部を鮮明に映し出す事ができます。

 CT検査ではすい臓がんの大きさや広がりなどがわかりますが、最近ではより詳しく調べるために造影CT検査が行われています。これは造影剤を静脈注射し、患部をより鮮明に映し出す検査です。これにより、周辺臓器への転移やリンパ節転移などを調べることができます。

 超音波検査やCT検査でも診断を下すのが難しい場合には、MRIを応用したMRCP(磁気共鳴胆管膵管撮影法)やERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影法)、EUS(超音波内視鏡検査)などが行われます。

 MRCPは造影剤を使わずに膵管や胆管を映し出すことができる装置で、造影剤によるアレルギーの副作用の心配がありません。膵臓癌は膵管や胆管に異常が出る事が多いため、MRCPを行うことでCT検査等の診断の補助をすることができます。

 ERCPは十二指腸まで内視鏡を入れ、膵管に造影剤を直接注入してX線撮影する検査法です。膵臓癌の多くは膵管上皮から発生するため、膵管や胆管を造影することで、癌腫瘍による閉塞や狭窄、膵管外への造影剤の染み出しなどの異常を見つける事ができます。また、最近では膵管内に細い内視鏡を入れて細胞を採取することもできるようになりました。採取した細胞を検査する事で悪性細胞か良性細胞かを調べる事もでき、早期がんの診断に重要な検査です。

 EUSは内視鏡を胃まで入れ、そこから超音波を発して膵臓の観察を行う検査です。消化管内のガスの影響を受けることなく検査することができ、2cm以下の小さなすい臓がんを映し出す事もできます。

膵臓癌を早期発見できた場合の生存率はどれくらい?

膵臓癌の検査D 病理検査(生検)


 生検とは、癌が疑われる組織の一部を針などの器具を使って採取し、病理医が顕微鏡で採取した細胞を調べる検査です。画像検査と違い、細胞の状態を直接調べる事ができるため、多くの癌で確定診断に用いられています。

 胃がんや大腸がんなどの消化器がんでは、内視鏡で癌腫瘍を確認したのちに内視鏡下で組織を採取し、顕微鏡を使って癌細胞を直接観察して癌かどうかの確定診断をすることができます。

 しかし、膵臓癌は内視鏡などで腫瘍を直接観察することができないため、画像検査の結果から総合的に判断して確定診断を行っていました。また、膵臓癌の生検を行うとした場合、以前は体外から針を刺して細胞を採取していましたが、陽性率は45〜100%と癌の大きさや位置によってばらつきがありました。

 現在はEUS(超音波内視鏡)を消化管内に入れ、超音波で膵臓の様子を観察しながら穿刺針を刺して細胞の採取を行えるようになりました。この検査はEUS−FNA(EUSガイド下穿刺吸引細胞診)と呼ばれており、現在膵臓癌に対する最も有効な生検となっています。

それで安心?健康診断での早期発見はたったの○%!



関連記事
すい臓がんを早期発見するには
腫瘍径1cm以下で発見するには
ボーダーライン膵がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんのステージ分類
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの症状とは
すい臓がんの治療法には何があるの?
すい臓がんの摘出手術
すい臓の役割とは
すい臓の病気が増えている


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?
膵臓はどんな臓器なの?膵臓の役割には何があるの?