本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの生存率と余命(予後)
完治が期待できるステージは?

 膵臓癌の生存率は、どのくらい癌が進行していたかを表すステージによって大きく異なります。ステージによって治療方法も異なり、外科的手術など完治が期待できる治療が受けられる場合は生存率が高くなりますが、転移が認められた場合の生存率は厳しいものとなります。

目次


手術できるかどうかが生存率の分かれ目


 ほとんどの癌に共通していることですが、すい臓がんの完治が期待できる治療方法は病巣部を手術によって摘出することです。がんだけを取り除くことはできないので、がんの転移が疑われる周囲のリンパ節や臓器も一緒に取り除きます。

 このがん摘出手術はすべてのすい臓がんに行えるわけではなく、進行の度合い(ステージ)によっては手術が行えないこともあります。そのため、膵臓癌と一言で言っても、がんのステージによって生存率も余命も大きく異なります。

 手術によってがんの摘出が行えるのはステージ1、2、3で、ステージ4aでは一部の場合摘出が可能、4bでは不可能とされています。

 これは、がんがリンパ節や周囲の組織、離れた臓器に転移している場合、可能な範囲で摘出しても延命効果がないと考えられているためです。この場合は、抗がん剤治療放射線治療などを行います。

膵臓癌のステージ(進行度)はどうやって分類するの?




膵臓癌の5年生存率と予後


 すい臓がんは初期にはほとんど自覚症状がなく、しかもがんの進行が早いために、早期発見が非常に難しいという特徴があります。また、膵臓自体が小さいため、がんが膵臓外に出やすく、周囲のリンパ節や臓器に転移しやすいという特徴もあります。

 そのため、すい臓がんが発見された段階ではすでに進行していることが多く、摘出手術が行えない事例が多々あります。実際、すい臓がんの切除率は20〜40%と低い数字になっており、手術で切除できたとしても再発率が高く、すい臓がんの予後は良好とはいえないのが現状です。

 がんの治療では「5年生存率」という判断基準がよく用いられます。5年生存率とは手術などの治療を行った後、5年の間にがんの再発がなければ「この治療したがんは完治した」と考え、その後にがんが発生した場合は治療したがんとは別のがんと考えます。

 5年後までに100人中20人が生存していれば、5年生存率は20%ということになります。この5年生存率は、すい臓がんが見つかった時点からの余命を考える上でも役立ちます。

 すい臓がんは早期発見が難しく手術を行えないことも多くありますが、手術が行えたとしても3年以内に再発する可能性が極めて高く、5年生存率は10〜20%程度とされています。

膵臓癌の症状とは?初期症状には何があるの?




膵臓癌のステージ別生存率と余命
(ステージ1・2・3・4(4a・4b)・転移なし)


 膵臓癌の5年生存率(10〜20%)はすべてのステージの患者を合計したものですが、摘出するすい臓がんの大きさが2cm以下で周囲への浸潤やリンパ節への転移が認められないステージ1の5年生存率は約60%となっており、以前に比べてやや向上しています。

 また、がんが膵管上皮に限局しているステージ0の5年生存率はほぼ100%が期待できます。しかしながら、すい臓がんの約8割がステージ4の最も進行した状態で見つかるのが現状で、ステージ1までに見つかるのは全体の2%に満たず、早期発見は極めて稀といえます。

 すい臓がんは癌が初期のうちに治療をすることが極めて重要で、早期発見できれば完治も十分に可能となります。

 なお、日本膵臓学会の過去20年間の治療成績によると、ステージ2の5年生存率は44%、ステージ3で24%、ステージ4aで11%、ステージ4bで3%となっています。

膵臓癌の手術はどうやるの?臓器の温存は可能なの?




関連記事
すい臓がんの治療法には何があるの?
すい臓がんの原因とは
すい臓がんのステージ分類
すい臓がんの症状とは
すい臓がんを早期発見するには
すい臓がんの検査とは
すい臓がんの摘出手術
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の役割とは
すい臓の病気が増えている


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?