本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> > 膵臓癌を早期発見するには

すい臓がんを早期発見するには


 すい臓がんは非常に発見しにくく、多くの場合で発見時にはかなり進行した状態のため、致死率が高い恐ろしい癌です。だからこそ、いかに早くすい臓がんを発見するかが最も重要なポイントとなります。

目次


健康診断での発見率は0%!?


 すい臓がんの初期は自覚症状がほとんどない、もしくは特徴的な症状が少なく、その事が発見を遅らせる原因となっています。それでもすい臓がんの症状と思われる自覚症状がある場合は、少しでも早く病院で検査する事が大切です。

 多くの方が定期的に受けている検査として「健康診断」があります。健康診断の検査内容は基本プランやどのようなオプションをつけるかによって異なりますが、標準的な健康診断の中ですい臓がんを発見できる可能性がある検査が「腹部超音波検査(いわゆる腹部エコー)」です。

 しかし、健康診断で腹部超音波検査を行っているからといって、「がんが早期発見できる」わけではありません。

 すい臓がんは腫瘍の大きさが2cm以下の早期に発見しなければなりませんが、腹部超音波検査ですい臓がんを早期に発見できる可能性はたったの0.003%というデータがあります。

 つまり、標準的な健康診断ですい臓がんを早期発見することは極めて難しいということです。毎年健康診断を受けているからと過信せず、少しでも心配があれば医療機関ですい臓がんの検査を受けるようにしましょう。

膵臓癌を早期発見できた場合の生存率はどれくらい?



血糖値の突然の上昇はすい臓がんのサイン


 すい臓がんの初期症状はほとんどないため、自分で早期に気付くことは困難です。しかし、早期発見する1つのポイントとして、「血糖値の急上昇を見逃さないこと」があげられます。

 すい臓は血糖値をコントロールするホルモンを分泌しているため、すい臓に異常が現れると血糖値を下げるインスリンの分泌量が減り、血糖値が急上昇します。

 血糖値の上昇は暴飲暴食やストレス、遺伝性の糖尿病などによっても起こりますが、これらに思い当たる節がないのに血糖値が急上昇した場合はすい臓がんの可能性があります。

 健康診断などで「空腹時血糖」「尿糖」「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」の値が前回よりも急上昇している場合は要注意です。

 また、アミラーゼと呼ばれるすい臓などから分泌される酵素が基準値を超えた場合、もしくは、腹部超音波検査(エコー)で膵嚢胞(すいのうほう)が見つかった場合も要注意です。

 膵嚢胞自体はすい臓にできる液体のたまった袋であり、癌ではありませんが、膵嚢胞がある人はすい臓がんの発生リスクが20倍以上になるというデータがあります。いずれの場合も、速やかに医療機関(消化器内科・消化器外科など)ですい臓の精密検査を受けてみましょう。

膵臓癌の検査とは?どんな検査で見つかるの?



関連記事
すい臓がんの検査とは
腫瘍径1cm以下で発見するには
ボーダーライン膵がんとは
すい臓がんの治療法には何があるの?
すい臓がんの原因とは
すい臓がんのステージ分類
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの症状とは
すい臓がんの摘出手術
すい臓ってどんな臓器なの?


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?