本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 膵臓癌のステージ分類

すい臓がんのステージ分類

 膵臓癌の治療方針を決める上で、癌の進行度合を表すステージ分類は非常に重要です。膵臓癌は早期発見が難しく、発見時には8割がステージ4と診断されます。ステージ分類とはどのような基準で行うのでしょうか。

目次


すい臓がんのステージ分類(進行度)とは


 すい臓がんの治療方針を決める上で重要なのは、がんがどのくらい進行しているかということです。一般的にがんの進行度を「ステージ」として分類しますが、すい臓がんの場合は日本膵臓学会によって以下の5つのステージに分類されています。

 なお、ステージ表記は通常ローマ数字のTUVWで表しますが、以下はわかりやすく1234で表しています。

ステージ0
 浸潤のないがん(非浸潤がん)

ステージ1
 すい臓がんの大きさが2cm以下のもので、がんが膵臓内部に限局されており、リンパ節への転移がない。

ステージ2
 すい臓がんの大きさが2cm以下で膵臓内部に限局しているが、病巣に近い第1群のリンパ節転移がある。または、すい臓がんの大きさが2cm以上であるが、がんが膵臓内部にとどまっており、リンパ節転移がない。

ステージ3
 すい臓がんの大きさが2cm以下で膵臓内部に限局しているが、病巣からやや離れた第2群のリンパ節転移がある。または、すい臓がんの大きさが2cm以上であるが、がんが膵臓内部にとどまっており、第1群までのリンパ節転移がある。または、がんの浸潤が膵内胆管・十二指腸・膵周辺組織のいずれかに及ぶが、リンパ節転移はないか、第1群までのリンパ節転移に限られる。

ステージ4a
 すい臓がんの浸潤が膵内胆管・十二指腸・膵周辺組織のいずれかに及び、第2群のリンパ節転移がある。または、がんが膵臓周囲の血管に及んでいるが、リンパ節転移はないか、第1群までのリンパ節転移に限られている。

ステージ4b
 すい臓がんが膵臓周囲の血管に及んでおり、第2群のリンパ節転移がある。または、病巣から離れた第3群のリンパ節転移があるか、離れた臓器に転移がある。

膵臓癌の原因は一体なに?原因を知ってリスクを回避!



ステージはTNM分類で決定する


 膵臓癌のステージ分類は、日本膵臓学会の「膵癌取扱い規約」内にある以下の表に基づいて分類されます。ステージの分類は「TNM分類」と呼ばれる方法で行われ、「T」は癌の大きさや深さ、広がりを、「N」はリンパ節への転移の有無、「M」は他の臓器への遠隔転移の有無を表します。


Tis:非浸潤癌
T1:腫瘍径が2cm以下で膵内に限局したもの
T2:腫瘍径が2cmを超え膵内に限局したもの
T3:がんの浸潤が膵内胆管、十二指腸、膵周辺組織のいずれかに及ぶもの
T4:がんの浸潤が隣接する大血管、膵外神経叢、多臓器のいずれかに及ぶもの

N0:リンパ節転移(−)
N1:1群リンパ節のみに転移(−)
N2:2群リンパ節まで転移(+)
N3:3群リンパ節まで転移(+)

M0:遠隔転移を認めない
M1:遠隔転移を認める

膵臓癌の手術はどのように行う?



膵臓癌のステージ4はどのような状況?


 膵臓癌は早期発見が難しく、発見時には患者の8割がステージ4と診断されるのが現状です。ステージ4とは上記のステージ分類方法からもわかるように、リンパ節転移や周辺臓器、血管への浸潤が認められ、遠隔転移が認められる、もしくはその可能性が極めて高い状態を言います。

 膵臓癌の完治が期待できる治療は、病巣を完全に取り除く手術療法ですが、癌が遠隔転移してしまっている状態では手術が行えません。実際、手術療法によって癌の摘出が行われるのはステージ3までであり、ステージ4aでは一部の場合で摘出が可能、ステージ4bでは不可能とされています。

 そのため、ステージ4の膵臓癌は抗がん剤治療、もしくは放射線治療によって治療が行われ、腫瘍を小さくすることで延命や症状の緩和を図ります。これらの治療で腫瘍が小さくなり、手術療法が適応となる場合もごくまれにあります。

膵臓癌のステージ別生存率は?余命はどれくらい?



関連記事
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの症状とは
すい臓がんを早期発見するには
すい臓がんの検査とは
すい臓がんの治療法には何があるの?
すい臓がんの摘出手術
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の病気が増えている


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?
膵臓はどんな臓器なの?膵臓の役割には何があるの?