本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 膵臓癌とは

すい臓がんとはどんな癌?

 膵臓癌は早期発見が非常に難しい癌であり、多くの場合、治療が困難な進行癌の状態で発見されます。そのため、膵臓癌は他の癌に比べて死亡率が高く、膵臓癌による死亡者数も年々増加傾向にあります。

目次


すい臓がんは死亡率が高い


 すい臓がんとは膵臓にできる悪性腫瘍のことです。厚労省が公表した2013年の人口動態統計によると、がんの総死亡者数は36万4872人であり、死因別の死亡率は年々確実に増加の一途をたどり、昭和56年以降死因順位の1位となっています。

 すい臓がんの死亡者数も年々確実に増加しており、臓器別がん死亡数では、男女全体で肺がん、胃がん、大腸がんに次いで第4位となっています。男女別では、男性が第5位、女性が第4位で、男女差はあまりないといえます。2013年のすい臓がんによる死亡者数は3万672人でした。

 すい臓がんは罹患者数(膵臓癌になった人の数)と死亡者数(膵臓癌で死亡した人の数)がほぼ同数である事から、発見後の治療が非常に難しい癌であるといえます。



 では、日本人が年々すい臓がんになりやすくなっているかというと、決してそうではありません。病気のなりやすさをみる「罹患率」を年齢別に比較すると、罹患率は横ばいであり、日本人がすい臓がんになりやすくなったわけではない事がわかります。

 すい臓がんは40歳を超えると急激に患者数が増加するため、日本の高齢化が進んだことで、すい臓がんになりやすい年齢層が増えたことがすい臓がんの死亡者数増加につながっていると考えられます。

 すい臓はお腹の奥深くにあることや、膵臓癌の初期症状があまり見られないことが発見を遅らせており、発見された時点ですでに進行癌(ステージ4)であることが多々あります。実際、患者さんの多くが発見から2年以内に亡くなっています。

 しかし、最近ではCTやMRIなどの画像診断技術が格段に向上しており、膵臓癌の検査で2cm以内の小さながんも発見できるようになってきました。さらに治療方法も日々進歩しており、日本膵臓学会より診療ガイドラインが発表されるなど、医学的根拠に基づいた診断や治療が行われるようになっています。

膵臓癌を早期発見するために知っておくべき事とは?



すい臓がんはどこから発生するの?
膵頭部癌が全体の6割を占める


 すい臓は膵頭部、膵体部、膵尾部に分けられますが、すい臓がんも発生する部位によって、膵頭部癌、膵体部癌、膵尾部癌に分類されます。このうち、すい臓がんの中で最も発生しやすいのが膵頭部癌で、全体の60%を占めています。次いで膵体部癌が30%、膵尾部癌が10%となっています。

 さらにすい臓組織の中でも、すい臓の中を通っている膵管に発生しやすいという特徴があり、膵管の上皮に存在する腺細胞で異常をきたした部位から発生すると考えられています。この膵管がんはすい臓がんの約95%を占めており、すい臓の実質である腺房細胞由来のがんは3〜5%にすぎません。

 また、膵管がんには管状腺がん、腺扁平上皮がん、乳頭腺がん、粘液がん、退形成がんなど様々な種類がありますが、管状腺がんが膵管がんの大多数を占めています。

膵臓癌の原因は一体なに?原因を知ってリスクを回避!


すい臓がんはほとんどが進行がん


 すい臓がんには浸潤性膵管がんや膵神経内分泌腫瘍、膵管内乳頭粘液性腫瘍、粘液嚢胞性腫瘍などに分類されますが、一般的にすい臓がんというと全体の約9割を占める「浸潤性膵管がん」を指します。浸潤性とは臓器の最も表面にある上皮細胞にできたがんが、臓器の実質細胞(ホルモンなどを分泌する細胞)まで広がった状態をいいます。

 胃がんや大腸がんなども上皮細胞に癌ができやすいのですが、これらの臓器には上皮細胞の下に粘膜下層や筋層があるため、がんの進行に時間がかかります。しかし、膵管には上皮細胞の下にがんの進行を防ぐ組織がないため、すぐに癌が浸潤してしまいます。

 さらに、すい臓の周りには太い血管やリンパ節が存在しているため、これらにがんが浸潤することで全身にがんが転移しやすくなります。このように、がんが周囲のリンパ節や隣接する組織にまで広がった状態のがんを「進行がん」と呼びます。

 すい臓がんはリンパ管や静脈、神経周辺への浸潤が起きやすく、リンパ節転移も高い確率で認められるため、すい臓がんは発見された段階ですでに進行がん(ステージ4)であることがほとんどです。

 そのため、すい臓がんは胃がんや大腸がんなどに比べて切除できる率が少なく、生存率も低くなってしまいます。

膵臓癌の症状とは?初期症状には何があるの?



関連記事
すい臓がんの原因とは
すい臓がんのステージ分類
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの症状とは
すい臓がんを早期発見するには
すい臓がんの検査とは
すい臓がんの治療法には何があるの?
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の役割とは
すい臓の病気が増えている


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?