本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> すい臓の病気が増加している

すい臓の病気が増加している

脂肪分の摂取過多が原因のひとつ


 「すい臓はどんな臓器ですか?」と聞いて答えられる人は少ないのではないでしょうか?聞いた事はあるけれど、どこにあるのか、どんな働きをしているのかははっきりしない・・・。そんな人が大半だと思います。それほど、すい臓はメジャーではない臓器といえます。しかし、すい臓は私たちの体の中で非常に重要な役割を果たしているのです。

 すい臓の大きな役割のひとつに消化液の分泌があります。食べ物の消化が胃で行われることはよく知られていますが、すい臓からも消化に欠かせない多くの消化液が分泌されています。

 また、血液中の血糖値を調節するインスリンやグルカゴンといったホルモンの分泌を行っているのもすい臓なのです。ですから、このすい臓に病気が発症して機能が低下すると、全身にさまざまな悪影響を及ぼすのです。

 近年、すい臓の病気が増加傾向にあります。これは生活習慣病の増加と同様で、食生活の欧米化によって肉類や脂肪分の摂取が多くなったことが大きな原因となっています。また、お酒の摂取量が増えていることも原因のひとつと考えられています。

 すい臓の病気には急性膵炎や慢性膵炎などがありますが、これらの病気は上記の理由に加えて、ストレスや不規則な生活、肥満なども発症リスクになります。

膵臓癌の原因は一体なに?原因を知ってリスクを回避!



すい臓がんの死亡率も第4位に上昇


 すい臓がんも増加傾向にあり、2013年の臓器別がん死亡率では肺がん、胃がん、大腸がんに次いで、すい臓がんが第4位になっています。長年第4位だった肝臓がんを上回ったことを考えると、膵臓癌の増加傾向が見てとれます。



 すい臓がんの死亡数が多い理由のひとつに、すい臓が体の奥深くにあるため病気の早期発見が難しいという理由があります。すい臓がんの初期症状はほとんどなく、症状が現れ発見された時にはすでに進行が進んだ状態(ステージ4)であることが少なくありません。

 しかし、最近では膵臓癌の検査は技術が格段に進歩しており、超音波検査や内視鏡検査、CT、MRIなどによって多くの情報が得られるようになりました。その結果、早期発見・早期治療が可能になるケースも増えてきましたが、やはりすい臓がんに関しては発見しづらいがんに変わりありません。

 健康診断で「要精密検査」といわれたり、普段から気になる症状がある人、膵臓癌の原因となるリスク群に当てはまる人は、すぐに精密検査を受けるようにしましょう。

膵臓って何をするの?膵臓の役割とは



関連記事
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の役割とは
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんのステージ分類
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの症状とは
すい臓がんを早期発見するには
すい臓がんの検査とは


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?