本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 急性膵炎

急性膵炎とは

すい臓自身が消化されてしまう病気


 急性膵炎とは、すい臓から分泌される膵液に含まれる消化酵素によって、すい臓自身が消化されてしまう病気です。膵液には炭水化物や脂肪、タンパク質を消化する酵素が含まれており、食べ物の消化に大きな役割を果たしています。

 炭水化物や脂質を消化する酵素はすい臓の中にある状態から消化する能力を持っていますが、タンパク質を消化する酵素はすい臓がタンパク質でできているために、すい臓の中にいるうちは消化能力を持っていません。

 このタンパク質消化酵素は十二指腸に分泌されると、腸内から分泌される酵素の働きによって消化能力を持つ消化酵素に変化します。このようにして、すい臓は消化酵素によって自分自身が消化されないように守られています。



急性膵炎の患者は年間約2万人


 何らかの原因によってすい臓内でタンパク質消化酵素が活性化し、消化能力を持つことがあります。このような状態になると、タンパク質分解酵素は周囲のタンパク質を分解するようになり、これがさらに他のタンパク質分解酵素を次々と活性化していきます。

 この状態が続くとすい臓や膵管が消化されるようになり、急性膵炎を引き起こしてしまいます。

 急性膵炎は年間で2万人ほどが発症していると推定されており、男女比でみると男性のほうが女性に比べて2倍近く発症しています。また、発症年齢のピークは男性で50代、女性で70代となっています。




関連記事
急性膵炎の原因とは
急性膵炎の症状とは
慢性膵炎とは
慢性膵炎の原因とは
慢性膵炎の症状とは
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の病気が増えている
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんの生存率と予後(余命)


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?