本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> > 慢性膵炎の症状

慢性膵炎の症状とは

長期間不快症状が続くことも


 急性膵炎はまっすぐ立っていられないほどの激しい痛みに襲われますが、慢性膵炎は長い時間をかけて徐々に進行するため、現れる症状も病気の進行に伴って変化します。

 慢性膵炎を発症し始めた頃は急性膵炎のような激しい腹痛や背部痛に襲われたり治まったりしますが、激痛時の症状だけでは急性膵炎なのか慢性膵炎なのか区別がつきません。また、発症のタイミングも慢性膵炎は急性膵炎と同様に、飲酒後や食後に起こります。

 しかしながら、急性膵炎と違って慢性膵炎は治療によって激しい痛みが治まっても、重苦しい鈍痛や、腹部膨満感、さまざまな不快症状が続くのが特徴です。また、慢性膵炎には激しい痛みを伴わずに、鈍い痛みの腹痛が何ヶ月にもわたって続く場合があるほか、痛みがまったくない場合もあります。



進行すると糖尿病を発症することも


 慢性膵炎が進行すると、すい臓の機能が低下して脂肪やタンパク質の消化ができなくなるために、消化不良や下痢が起こるようになります。特に下痢便は消化されない脂肪のために白っぽい色になるほか、消化されないタンパク質が腐敗して悪臭を放つようになります。

 さらに慢性膵炎が進行してすい臓機能が低下すると、インスリンなどのホルモン分泌にも影響が現れるようになります。特にすい臓はインスリンによって血糖値をコントロールしていますが、すい臓の障害によってインスリンの分泌が行えなくなると血糖値が上昇し、糖尿病を発症する事があります。

 糖尿病の症状としては、口が渇いたり、疲れやすくなったりするほか、視力障害や感覚異常などが現れるようになります。




関連記事
慢性膵炎とは
慢性膵炎の原因とは
急性膵炎とは
急性膵炎の原因とは
急性膵炎の症状とは
すい臓ってどんな臓器なの?
すい臓の病気が増えている
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんの生存率と予後(余命)


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?
膵臓はどんな臓器なの?膵臓の役割には何があるの?