本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> 癌と診断されたら

癌と診断されたら確認すべき事

がんと診断されたら


 医師から「がん」と診断されると、多くの人が動揺したり、パニックになったりします。その状況を受け止めるのには時間がかかるかもしれません。しかし、ここから闘病生活が始まるわけですから、まずはがんの状況について医師からしっかりとした説明を受ける必要があります。

 医師から説明を受ける際はできれば筆記用具などを用意し、患者本人が難しい場合は家族が説明を聞くようにしましょう。医師からしっかり聞いておきたいことは、大きく分けると以下に示す3つの項目になります。



確認@ がんと診断された根拠


 がんと診断するためにはたくさんの検査を受けています。その検査結果の何が根拠となってがんと診断されたのか、しっかり医師から説明を受ける必要があります。がんであると確定診断されたのか、それともがんの疑いがある状態なのかでは大きな違いがあります。

 検査結果の数値や画像は普通の人が見てもわかるものではありませんので、それぞれの検査結果がどのように正常と異なるのか、納得がいくまで医師に説明を求めましょう。

がん治療を受ける前に聞いておきたい事とは?

確認A がんの発生部位、進行状況


 がんが体のどこで発生したのかはもちろんの事ですが、臓器1つをとっても、その臓器のどの辺で発生したのかによって、治療方法や治癒率が異なってきます。

 また、がんは早期に発見できればそれだけ完治も期待できます。そのため、がんがどの程度進行しているのかも重要になります。

膵臓癌のステージ別生存率は?余命はどれくらい?

確認B がんの治療法とその選択肢


 がんの治療法には様々なものがあり、がんの状況に合わせて選択したり、組み合わせたりします。医師からはどの治療法が最適であるか説明がされますので、患者自身や家族がよく考え、治療方針に納得ができれば治療がスタートします。

 がんの告知を受けた直後では気持ちが動揺しているため、なかなか冷静な判断を下す事ができません。その場合は、後日改めて医師と治療方針について確認するとよいでしょう。

がん患者が抱える痛みとその原因とは?



関連記事
医療機関と主治医の選び方
セカンドオピニオンを聞いてみよう
治療を受ける前に聞いておきたいこと
がんの相談窓口
がん患者が抱える痛みと原因
がん性疼痛に対する治療法
がんに伴う痛み以外の症状
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの摘出手術


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?
膵臓はどんな臓器なの?膵臓の役割には何があるの?