本文へスキップ

膵臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!

> すい臓ってどんな臓器?

膵臓とはどんな臓器なの?
膵臓の位置と役割とは

 「すい臓」という臓器の名前を聞いたことがある人はたくさんいますが、すい臓がどこでどんな働きをしているのか答えられる人はあまりいません。すい臓は一体どんな臓器なのか知っておきましょう?

目次


膵臓の位置は?体のどこにあるの?


 すい臓は体のどこにあるかわかりますか?すい臓はちょうど、みぞおちから少し下がったあたりの、胃の裏側に左右に横たわるようにあります。大きさは長さ15〜20cm、幅3〜4cm、厚み2cmくらいで、重さは120gくらいです。

 すい臓は他の臓器に比べると比較的小さな臓器であり、左右に細長い形をしています。胃と背骨(腰椎)に挟まれるように存在しているため、画像検査では膵臓の形を映し出すことができますが、体の外から触診で膵臓の病気を確認するのは難しいといえます。


膵臓はどんな形をしているの?


 膵臓の色は淡黄色をしており、ちょうどトウモロコシを横にしたような形に似ています。

 すい臓は太いほうから、膵頭部、膵体部、膵尾部と呼ばれており、膵頭部の一部は上図からもわかるように鉤(かぎ)状に突出していることから、「鉤部(こうぶ)」と呼ばれています。膵頭部は十二指腸と、膵尾部は脾臓と接しています。

 すい臓の中には膵液が流れる膵管や、肝臓で作られた胆汁が流れる胆管が走っており、これらはいずれも十二指腸の乳頭と呼ばれる部分から十二指腸内に排出されます。

 すい臓は十二指腸や脾臓、胃など多くの臓器に囲まれていますが、それ以外にも腹腔動脈や上腸間膜動脈、門脈、上腸間膜静脈といった非常に重要な太い血管にも近接しています。

膵臓って何をするの?膵臓の役割とは



膵臓の働きとは?どんな役割を果たしているの?


 膵臓の働きを大きく分けると、以下の3つの重要な役割があります。

@ 食物の消化
A 胃酸の中和
B 血糖値の調節


 膵臓には消化酵素を分泌する外分泌機能とホルモンを分泌する内分泌機能があり、@Aは外分泌機能が、Bは内分泌機能が担っています。

膵臓の働き@ 外分泌機能

 すい臓はブドウの房のような形をした組織が集まってできているため、すい臓の表面はブツブツしています。ブドウの房状の組織にはいくつかのブドウの粒状のものがついており、これを腺房といいます。腺房では膵酵素が作られており、この膵酵素は消化液の大事な成分となります。

 膵酵素はブドウの枝に相当する導管に流れ込み、その過程で重炭酸液と混ざり合い、膵液になります。すい臓の中には膵液が流れる膵管が無数に走っており、それらが集まった太い主膵管がすい臓の中央を左右に走っています。

 膵液は最終的に十二指腸の乳頭と呼ばれる部分から十二指腸に流れ込み、重炭酸塩を含むアルカリ性の膵液が胃酸の中和を、膵酵素が炭水化物、タンパク質、脂質の3大栄養素を分解する働きをします。

 また、膵頭部には肝臓でつくられた胆汁を流す胆管も走っており、主膵管と合流して、乳頭から十二指腸に胆汁を排泄します。


すい臓の働きA 内分泌機能

 すい臓の細胞にはランゲルハンス島と呼ばれる、顕微鏡で見ると島のように見える組織が点在しています。このランゲルハンス島を構成する細胞にはα細胞、β細胞、δ細胞、PP細胞などがあり、それぞれの細胞でインスリンやグルカゴンなどといった異なったホルモンが産生され、血液中に分泌されています。

 インスリンは血糖値を下げる働きをしており、何らかの原因で不足すると糖尿病を発症します。また、グルカゴンは血糖値を上げる働きをしており、健常な人であればこれらのホルモンがバランスよく働いて血糖値を保っています。

 このほか、インスリンやグルカゴン、成長ホルモンなど様々なホルモンの分泌を抑制するソマトスタチンや、腸内での水分やミネラルの吸収などを調整するペプチドなども分泌されています。

膵臓癌の死亡率が増加!膵臓の病気が増えた理由とは



関連記事
すい臓の役割とは
すい臓の病気が増えている
すい臓がんとは
すい臓がんの原因とは
すい臓がんのステージ分類
すい臓がんの生存率と予後(余命)
すい臓がんの症状とは
すい臓がんを早期発見するには
すい臓がんの検査とは


膵臓癌の原因

膵臓癌のステージ分類

膵臓癌の生存率と余命(予後)

すい臓がんの症状

膵臓癌の検査

膵臓癌の手術

膵臓癌手術後の合併症


アクセスランキング
1 膵臓癌はどんな症状が現れる?初期症状や痛みはあるの?
2 膵臓癌の原因って一体なに?原因を知ってリスクを回避しよう
3 膵臓癌の生存率はどのくらい?ステージ別に見た生存率と余命(予後)
4 膵臓癌を発見するにはどんな検査をするの?検査の種類と方法とは
5 膵臓癌の手術はどのようにするの?癌の発生場所と手術の方法とは
6 知っておくべき!膵臓癌を早期発見するにはどうするの?
7 早期発見の生存率はどのくらい?腫瘍径1cmと2cmの違い
8 膵臓癌はどこに転移しやすいの?転移したらどうなるの?


あわせて読みたい膵臓癌トピックス
これで安心?健康診断で膵臓癌を早期発見できるのは何%?
膵臓癌のステージ(進行度)はどのような基準で分類されているの?
膵臓癌の抗がん剤治療ってどのように行うの?副作用はどれくらいあるの?
膵臓癌の放射線治療とはどんな治療?どうして放射線が癌に効くの?
膵臓癌の手術後に起きる合併症はどのようなものがあるの?
膵臓癌の痛みを抑える緩和治療とはどのようなもの?
膵臓癌の抗がん剤にはどんな種類があるの?効果はどれくらい?
膵臓癌手術後はどのくらいで退院できる?食事はどうするの?
膵臓癌の内視鏡手術(腹腔鏡下手術)はどのように行うの?
膵臓はどんな臓器なの?膵臓の役割には何があるの?