すい臓がんは早期発見・早期治療が大切です。すい臓がんの症状、治療、検査を知っておきましょう!
膵臓癌の早期発見・早期治療のために
すい臓がんの基礎知識

すい臓の基礎知識

すい臓ってどんな臓器なの?

すい臓の病気が増加している

すい臓の働き@ 消化液の分泌

すい臓の働きA ホルモンの分泌


すい臓がんの基礎知識

すい臓がんとは

すい臓のどこから発生するの?

すい臓がんはほとんどが進行がん

どんな人に発症しやすいの?


すい臓がんの症状

すい臓がんの初期は無症状が多い

すい臓がんの主な症状とは

糖尿病が突然発症したら要注意


すい臓がんの検査

血液検査で腫瘍マーカーを調べる

超音波(エコー)検査で調べる

転移や細胞組織を調べる


すい臓がんの治療

すい臓がんの分類

すい臓がんの治療方針

早期治療と5年生存率の関係

すい臓がんの摘出手術

QOLを向上させる手術

入院から手術までの流れ

手術前日から当日の流れ

手術後の体の状態

すい臓がんの手術後経過

すい臓がんの抗がん剤治療

抗がん剤と副作用

すい臓がんの放射線治療

痛みを抑える緩和治療

すい臓がんの予後



ご意見ご要望はこちらまで
  <運営 早期ガン治療フォーラム>

早期ガン治療フォーラムについて


国立がんセンター

がん情報サイト

日本対がん協会

がんナビ

財団法人 癌研究会
早期ガン治療フォーラム<膵臓癌> 
 
◆◆ 納得してがん治療を受けるには ◆◆

 よりよいがん治療を受けるためには、自分が信頼できる主治医を見つけるのはもちろんの事、主治医からしっかりと治療法について説明を受け、十分に納得した上で治療を受ける事が大切です。最適な治療法を決める上で大切な事をチェックしておきましょう。

  がんと診断されたら
  医療機関と主治医の選び方
  セカンドオピニオンを聞いてみよう
  治療を受ける前に聞いておきたいこと

◆◆ 都道府県別 がん診療連携拠点病院 ◆◆

 がん診療連携拠点病院とは、全国どこに住んでいても質の高いがん医療が受けられるよう、各地域における、がん診療の連携 ・支援を推進するため国が指定する医療機関のことです。自分が住んでいる地域ではどの病院が該当するのかチェックしておきましょう。

  都道府県別のがん診療連携拠点病院

◆◆ がん相談室 ◆◆

 がんの治療にあたっては、本人はもちろんのこと、その家族にとっても不安やわからない事がたくさんあるものです。でも、主治医に聞きづらかったり、相談する相手がいなくて不安を抱えたままの人が多くいます。そんな時はがんの相談窓口を活用してみましょう。

  電話相談
  面接相談

◆◆ 公的助成を上手に活用しよう ◆◆

 がんにかかる医療費は、手術や長期入院、継続的治療が必要になるため、治療が長くなるほど自己負担額も大きくなりがちです。そのような負担を軽減するために公的助成がいくつかあります。公的助成を上手に活用して自己負担を軽減しましょう。

  公的助成を活用して自己負担を減らそう

◆◆ すい臓の病気特集@ 急性膵炎 ◆◆

 急性膵炎はすい臓が分泌した消化液によって、すい臓自体を消化してしまう病気です。発症すると、飲食の数時間後に突然激しい腹痛や背中の痛み、嘔吐、発熱などが起こります。なぜ急性膵炎が起こるのか知っておきましょう。

  急性膵炎とは
  急性膵炎の症状
  急性膵炎の原因

◆◆ すい臓の病気特集A 慢性膵炎 ◆◆

 慢性膵炎は長年の飲酒などによってすい臓が徐々に破壊されていく病気です。破壊された細胞は繊維化していくため、すい臓の機能が回復することはありません。進行するとすい臓はどうなるか、どのような原因で慢性膵炎が起こるのか知っておきましょう。

  慢性膵炎とは
  慢性膵炎の症状
  慢性膵炎の原因

◆◆ がんの基礎知識@ がんの痛みと症状 ◆◆

 がんが進行すると、多くの場合で持続する強い痛みを感じるようになります。また、食欲減退や不眠といった身体的苦痛、不安や恐怖による精神的苦痛を伴う事もあります。がんによって起こる症状とその原因、対処法について知っておきましょう。

  がん患者が抱える痛みと原因
  がん性疼痛に対する治療法
  がんに伴う痛み以外の症状

◆◆ すい臓の基礎知識 ◆◆

 すい臓は体のどこにあるのか、どんな働きをしているのか、あまり知られていない地味な臓器です。しかし、すい臓は私たちの想像をはるかに超える大切な働きをしています。すい臓の病気を知る前に、まずはすい臓について知ってみましょう。

  すい臓ってどんな臓器なの?
  すい臓の病気が増加している
  すい臓の働き@ 消化液の分泌
  すい臓の働きA ホルモンの分泌

◆◆ すい臓がんの基礎知識 ◆◆

 すい臓がんは発見しづらいがんの1つで、2005年の臓器別がん死亡数では第5位になっています。すい臓がんは発見された時点ですでに進行していることがほとんどで、それが死亡者増加につながっています。早期発見のために、すい臓がんのことを知ってみましょう。

  すい臓がんとは
  すい臓のどこから発生するの?
  すい臓がんはほとんどが進行がん
  どんな人に発症しやすいの?

◆◆ すい臓がんの症状 ◆◆

 すい臓がんには特有の症状がほとんどなく、それが発見を遅らせる原因になっています。特に初期のすい臓がんでは自覚症状がほとんどなく、あったとしても他の病気と区別するのが難しいものです。すい臓がんの症状を知り、当てはまる自覚症状がある場合は診察を受けるようにしましょう。

  すい臓がんの初期は無症状が多い
  糖尿病が突然発症したら要注意
  すい臓がんの主な症状とは

◆◆ すい臓がんの検査 ◆◆

 すい臓がんは、すい臓が体の奥深くにあるほか、特有の症状がないために発見が難しいがんです。しかし、最近ではCTなどの画像検査法の進歩により、2cm以内の小さながんも発見できるようになって来ました。ここでは、病院でどのような検査を受けるのか知ってみましょう。

  血液検査で腫瘍マーカーを調べる
  超音波(エコー)検査で調べる
  転移や細胞組織を調べる

◆◆ すい臓がんの治療 ◆◆

 すい臓がんの治療は、がんの進行度と患者さんの状態によって治療法が判断されます。一般的に発見が早いほど完治が期待できますが、がんが進行している場合は治療が難しくなります。しかし、治療法の進歩によって以前に比べて生存率は向上しています。

  すい臓がんの分類
  すい臓がんの治療方針
  早期治療と5年生存率の関係
  すい臓がんの摘出手術
  QOLを向上させる手術
  入院から手術までの流れ
  手術前日から当日の流れ
  手術後の体の状態
  すい臓がんの手術後経過
  すい臓がんの抗がん剤治療
  抗がん剤と副作用
  すい臓がんの放射線治療
  痛みを抑える緩和治療
  すい臓がんの予後

掲載内容は万全を期していますが、当サイトから起こるいかなるトラブルも当サイトは一切の責任を負わないものとします
Copyright(c)2014. すい臓がんの基礎知識 All rights reserved
 
前立腺癌の症状・治療/大腸癌の症状・治療